3BASE

国産無垢材の木の家。壁は、漆喰塗り。建築家がつくったスタイリッシュなデザイン。しかも、手が届く価格で。

木の家がもっともっとわかる30章差し上げます!

木の家がもっともっとわかる30章
お申し込みはこちら

価格のヒミツは?

たとえば国産無垢材をつかった こんなスタイリッシュな家が…(しかも壁は漆喰、床は無垢材)
1,700万円
建築面積:57.96m2(17.53坪) 延床面積:92.74m2(28.05坪)

目指したのは”いわゆるローコスト住宅”ではなく、 無駄を省いて質を高めた、手が届く価格の家でした。

ローコスト住宅という低価格を売りにしている家が多くあります。でも、それらのほとんどが材料の質や設計の質を落として価格を安くしているのです。 家はずっと暮らしていく人生の舞台ですから質は落としたくはありませんよね。3BASEの家づくりは、それとは違って、 無駄を省くことで質を上げて価格は下げるという、逆の発想で家づくりを見直したプロジェクトです。 同じぐらいの価格の他の家と比べてみてください。国産無垢材をふんだんに使って、壁も贅沢に漆喰塗り、 しかも建築家が設計したモダンなデザイン。こんな家、他にありますでしょうか。 さて、では、具体的にどんな無駄を省いているのかといいますと、まず材料面、家に使われる木材は通常、 複数の流通経路を辿ってくるので、そのぶん流通コストがかかってしまいますが、3BASEは国産材のコーディネーター 「木童」がプロデュースした家なので、余計な流通コストがかかりません。また、木材も適材適所で使うことで無駄に高い材料を 使わなくてすみますので、これも木を知り尽くしている木のコーディネーターならではの省コスト。また、プレカットといって あらかじめ木材を設計にあわせて切ったものを現場に届けるので、現場での手間が省けて工期の短縮による省コストにもつながります。 2つめの省コストのヒミツは壁に3BASEパネルというオリジナルの耐力壁パネルを使っていること。 このパネルは工場で生産される規格品なので、大量生産ができ、現場での施工の手間もかからないので省コストにつながります。 3つめの省コストのヒミツは設計のコストダウン。3BASEは、あらかじめ設計されたBASEを選んでつくる家づくりなので、 ゼロからの設計料がかからず、大幅なコストダウンにつながります。 また、大手ハウスメーカーの家のようにテレビCMなどの莫大な広告宣伝費やモデルハウス建設・運営費などが家の値段に 転嫁されていません。3BASEはこうしてコストダウンしたぶん、床や壁といった家の質感を決める大切な部分に国産無垢材や 漆喰といった自然素材をふんだんに使って、住み心地の質を高めているのです。

3BASEは木のコーディネーター  「木童」がプロデュースした家。

3BASEは木のコーディネーター
「木童」がプロデュースした家。

国産無垢材をふんだんに使った、  木のやさしいぬくもりに包まれた室内。

国産無垢材をふんだんに使った、
木のやさしいぬくもりに包まれた室内。

3BASEが安い理由

1

仕事の仕分け

建築現場で腕の良い大工さんに雑な仕事をさせない。
壁に断熱材を詰め込んだりの雑な仕事は工場でパネル化しました。
これによって約1週間工期を短縮、大工さんの手間賃も下げずに減らしました。

2

基本アイテムの共通化

木材、塗り壁材、設備品や住機器のメーカーと対話し、絞り込み、値段を提示してもらいました。良い品をより安く。

建築設計料の透明化

数を販売する規格住宅のメリットとして、設計図面の共通化があります。
仕様も含めて建築設計事務所さんの仕事を減らすことによって低価格化が実現 しました。

3

すべての建築材の原価公開と建設会社の利益の透明化

柱1本=3250円などのように、仕入れ金額を明記、そしてその住宅に対しての、
工務店利益を15%として明記します。あやふやな見積もりは排除 しました。

4

予算にあわせてできる家づくり

構造体のスケルトン、内装設備のインフィルと住宅の予算を見えやすく表示しました。
これによって、予算に合った家づくりの作業に無駄がなくなりました。

こだわりの木材をつくっている 木の職人さんたちの想いも伝えたいから。

3BASEの魅力は、なんといっても、木のぬくもりや風合いをたっぷりと味わえる木の家であるということでしょう。 さて、その木についてなのですが3BASEのなによりのこだわりは、良質の国産材をつかっているということです。 ごぞんじでしょうか、日本は森林にとても恵まれた国でありながら、家づくりのための木材の多くを輸入材に頼っているということを。 価格や経済の効率を追いかけすぎて、そんないびつな矛盾が日本の住宅市場に生じてしまっているのです。 でも、そんななかでも、こだわりの木材をつくっている木の職人さんたちが日本の山にはいます。 輸入材に押されながらの国産材の生産現場は、当然、楽なものではありません。それでも、この国の山に育つすばらしい木材で、 木の家の魅力を味わってほしいと、熱い想いで毎日、木材づくりにはげんでいるのです。 そんな職人さんたちの想いを伝えるような木の家をみなさまにお届けしたい。国産材は高いという、そんな間違った認識を 打ち破るような家をつくって、職人さんたちの想いと、理想の家を建てたいという施主さまの想いとをつなげよう。 そうして生まれたのがこの3BASEです。木の家に住む幸せを1人でも多くの人が感じてもらえればと願ってやみません。

こだわりの木材をつくる職人さんたちの想いを伝えるような家を。そんな想いから3BASEは生まれました。

こだわりの木材をつくる職人さんたちの想いを伝えるような家を。そんな想いから3BASEは生まれました。

ページトップ