3BASE

国産無垢材の木の家。壁は、漆喰塗り。建築家がつくったスタイリッシュなデザイン。しかも、手が届く価格で。

木の家がもっともっとわかる30章差し上げます!

木の家がもっともっとわかる30章
お申し込みはこちら

家づくりの流れは?

  • プラン1
  • プラン2
  • プラン3
  • プラン4
  • プラン5
どんな家?どんな間取り? トップ
BASE3

平屋+ロフトを超えたロフト イッテンゴハウス

平屋+ロフトを超えたロフト イッテンゴハウス
建築家 市川 均

片流れの屋根を大胆に。 空間の変化に富んだ シンプルハウス。建築家 市川 均

見た目も個性的な片流れ屋根を大胆に採用したシンプルでユニークな家です。 屋根が低いほうは平屋の高さ。高いほうは2階建ての高さで2層ぶんの空間利用ができます。 この屋根の角度が空間的にもきいていて、1階からは大きな吹き抜けのよようになっているので 開放感があって心地よく、2階にいても1階との空間や気配のつながりが感じられて、 住んでいる人の一体感が感じられます。また、立つ場所によって視界のぬけもダイナミックに変化していくので、 見た目にも飽きのこない空間をこの屋根がつくっているんです。
住まいかたはもちろん自由ですけど、たとえば、単身者や、子どもが小さい子育て夫婦。 あるいは子育てを終えた第二の人生をむかえる夫婦におすすめです。1階は普段の暮らしのスペースとして使って、 2階は趣味を楽しむ場所とか、ゲストルームなんかにもうってつけだと思います。
外観は1階部分に木目感たっぷりな焼杉を貼り、1.5階部分はモルタルというツートーンカラー。 片流れ屋根のフォルムとあいまって、個性的で趣のある佇まいの家になりました。

1F
2F

ほぼ矩形の平面と、片流れの屋根のシンプルな外観。1階は焼杉でアクセントをつけ、2階はモルタルというツートーンカラー。片流れの屋根とあいまって個性的で趣のある家に。

片流れ屋根の空間をいかして、大きな吹き抜けのような開放感をもたせたリビングダイニングの空間。玄関を入ってすぐの天上のスノコが個性的なアクセントになっています。

VARIATION MODEL

  • プラン1
  • プラン2
  • プラン3
  • プラン4
  • プラン5
ページトップ