3BASE

国産無垢材の木の家。壁は、漆喰塗り。建築家がつくったスタイリッシュなデザイン。しかも、手が届く価格で。

木の家がもっともっとわかる30章差し上げます!

木の家がもっともっとわかる30章
お申し込みはこちら

家づくりの流れは?

  • プラン1
  • プラン2
  • プラン3
  • プラン4
  • プラン5
どんな家?どんな間取り? トップ
BASE2

シンプルな生活空間の原型 すぎのうち

建築家 中野 健

シンプルで飽きのこない フォルムを追求したら、 木の箱みたいな家ができました。建築家 中野 健

必要なもの、必要でないもの、後でつくれるものをしぼっていったら、とってもシンプルな間取りと、フレキシブルな空間になりました。生活空間の原型っていいたくなるような気持ちのいいシンプルさがこの家の魅力。だからいろんなカタチで自分の個性をプラスしていける楽しさがあると思います。
1階も2階も天井をつくらず梁をあらわしにしたことで、シンプルな空間にリズミカルなアクセントがくわえられて、飽きのこない空間になりました。また、気持ちよさを感じさせるこだわりとして、南側の開口はすべて下がり壁を設けていません。こうすることで屋内から窓を通して外を眺めると、視線をじゃまするものがあまりないので、とっても開放感が感じられます。天気のいい日なんかは、いいですよ。
外観に貼った板は焼杉で、木目の表情が木の家の魅力をよりいっそう引き立ててくれます。一日の時間によって色が変わって見えたりもして、デザイン的にもいいインパクトになりながら、味わい深さも加えています。この板が経年によってさらに趣を深めていく、そんなよろこびもあるんです。

1F
2F
全面に貼った焼杉がモダンになりすぎず、 家に絶妙な表情をあたえている。

全面に貼った焼杉がモダンになりすぎず、
家に絶妙な表情をあたえている。

玄関に焼杉板を。 時の流れとともに趣を深めていきます。

玄関に焼杉板を。
時の流れとともに趣を深めていく。

1階と2階の大きな開口があわさって、 外と一体化したかのような心地よい 吹き抜け空間。

1階と2階の大きな開口があわさって、 外と一体化したかのような心地よい吹き抜け空間。

下がり壁がない開口の効果で 開放感がいっぱいのリビング。

下がり壁がない開口の効果で
開放感がいっぱいのリビング。

無垢木の床と柱、あらわしの梁、漆喰塗りの壁。 自然素材ならではのやさしくぬくもりのある空間に。

無垢木の床と柱、あらわしの梁、漆喰塗りの壁。
自然素材ならではのやさしくぬくもりのある空間に。

あらわしにした梁と柱がのリズムが 見ていて飽きない空間をつくっている。

あらわしにした梁と柱がのリズムが
見ていて飽きない空間をつくっている。

大工さんがつくる オリジナルのキッチン。 使いやすくシンプルに。

大工さんがつくるオリジナルのキッチン。使いやすくシンプルに。

  • プラン1
  • プラン2
  • プラン3
  • プラン4
  • プラン5
ページトップ