3BASE

国産無垢材の木の家。壁は、漆喰塗り。建築家がつくったスタイリッシュなデザイン。しかも、手が届く価格で。

木の家がもっともっとわかる30章差し上げます!

木の家がもっともっとわかる30章
お申し込みはこちら

あなたをプラスして 完成する家、3BASE。

良質の国産材をふんだんに使ったデザイン住宅を、手が届く価格で。国産木材のコーディネーターと建築家が手を組んだからこそ実現した新しい家づくりのスタイル。伝えたいこといっぱいあります。3BASEの家づくり。
  • PAGE1
  • PAGE2
  • PAGE3

3BASEが国産材100%にこだわる理由。

木材をつくるために植林された人工林。それは日本の森林の約40%もしめているといわれています。 ただ、人工林は適宜に伐採していかないと木が密集して育ちが悪くなってしまい、やがて木材に使えるような立派な木が育たないように なってしまいます。ですから、国産材を使うということは、植林の循環をよくすることでもあり、日本の森林を元気にすることでもあるのです。 木材は自然がつくった半永久的に再生産できる、とってもエコな材料。環境と共生していくためにも自国の森林資源をつかっていくということ には大切な意義があるのですね。しかし、残念ながら国内で消費される木材の80%が輸入材というのが現状です。だからこそ3BASEの家づくりは 国産材100%※にこだわっています。みなさまと一緒に、家づくりを通して未来に向けて健全な循環型社会をつくっていきたい。 そんな熱い思いをこめています。

国産材で 日本の森を元気に!

※良質の国産材を住まい手につなぐ木材コーディネーター、
木童の木をつかっています。

木童ホームページ

木の家は、暮らすほどに愛が深まっていく。

木が他の建築材料と最も違っていることといえば、それは”生きている自然素材”だということ。 ひとつとして同じもののない美しい木目や節が与えてくれる表情、ほっとくつろげるぬくもり感や木の香り、どれも人工素材では出せない、 木ならではのものですね。そしてなによりの魅力は、木が年齢を重ねていくかのように、時とともに風合いの味を深めていくということでしょう。 その風合いの中に愛着や家族の暮らしの痕跡が積み重なっていく。木の家で暮らすよろこびはまさにここにある。 そう、木の家は時とともに愛が深まっていく家なのですね。

味わい深まる、 木の家ならではのよろこび。

さりげなく呼吸して、心地よくしています。

3BASEの贅沢なところは、国産無垢材と漆喰がふんだんに使われているということ。 さて、このふたつの素材、空間にぬくもりや味わいをかもし出してくれるだけではなく、 どちらも自然素材ならではの調湿効果があるということでも共通しています。 まるで呼吸しているかのように、じめじめしがちな夏は湿気を吸い取ってくれて、 乾燥しがちな冬は水分を放出して、お部屋の空気にうるおいを与えてくれます。 また、漆喰には防カビやダニなどの家庭害虫を寄せ付けない効果もあります。 床も、壁も、柱も、3BASEは家そのものが健やかに呼吸しているような家なのです。

自然素材って、 呼吸をしているんだね。

木は鉄よりも強いって?ハイ、本当です。

木と聞くと耐久性を心配される方がいらっしゃいますが、 じつは木は家の材料として理想的な丈夫さをもっています。それは軽くて強いということ。 木は管のような細胞が無数に集まってできたハニカム構造をしているので、とても丈夫。 比強度(同じ重さあたりの強度)という専門的な数値では、木はなんと鉄やコンクリートよりも丈夫なんですね。 しかも軽いので地震の時なども自らの重さを支えきれず倒れることも少なく安心。 ちゃんとした手入れ(湿気対策)、ちゃんとした構造設計さえしてあれば木の家こそが長持ちします。 それって、ほら、日本最古の木造建造物、法隆寺が証明していますよね。

木は弱いなんて いったい誰がいったのでしょう?
  • BACK
ページトップ